*

生コラーゲンはアトピーでも使えるの?どういう効果が期待できる?

公開日: : 最終更新日:2018/12/02 コラーゲン

アトピーになると肌中に水分を保持できていない状態で、非常にデリケートになっています。

カサカサしたり赤みが出たりして、ほんの少しの刺激にも反応する状態です。

人の肌中で潤いをもたらす成分としてコラーゲンがありますが、アトピーの人はコラーゲンが不足していることが分かっており、必要に応じて補うことで皮膚状態を改善させることができます。

生コラーゲンのアトピーへの有効性は?

生コラーゲンがアトピーに効くのは、元々体内にある成分で肌への親和性が良く、スムーズに浸透して潤いを与えてくれるからです。

体内に存在する成分と同じ型のコラーゲンによって、肌は潤いを取り戻すことができます。

アトピーの人の肌はバリア機能が低下して表皮が外的刺激から肌を守るという役割をほとんど果たせていない状態であり、刺激を受けるたびに皮膚はどんどん薄くなって肌中の水分を保持しておく能力も低下します。

そうすると更に潤いは低下して外的刺激を受けやすくなり、皮膚が薄くなるという悪循環に陥りますので、適度な潤いを与えてくれる生コラーゲンの働きは見逃せません。

生コラーゲンに期待できる働きとは

生コラーゲンを取り入れることでバリア機能を正常化して、外的刺激に負けない肌を作ることが可能です。

浸透して水分量が増えてくると肌中で生成されるコラーゲンの量も増えて相乗効果が期待できますし、透明感が出てきて見た目にも美しくなります。

こうした良い循環を作ることができれば皮膚症状も次第に落ち着いていきますので、生コラーゲンでケアを行うことはとても有効な手段です。

また、生コラーゲンは皮膚の再生を促す働きもありますので、トラブルを抱えている皮膚を短期間で排出することにも役立ちます。

アトピー性を改善するには皮膚の生まれ変わりを促進させなければなりませんが、皮膚症状が現れている時には細胞の働きも低下していますので、思うように生まれ変わらせることができません。

ですから生コラーゲンの力で強制的に再生することがケアを行う上で重要です。

 

関連記事

生コラーゲン美容液にはどんな効果が期待できるの

コラーゲンはもともと人間の体内に存在する成分ですが、高い保水力を持っていることが特徴です。 しかし

記事を読む

生コラーゲンのサプリと美容液それぞれのメリット、デメリット

生コラーゲンのサプリメントと美容液のそれぞれのメリットとデメリットですが、ちまたでは近年生コラーゲン

記事を読む

no image
日焼け止めクリームを使う際のポイント

紫外線対策として選ばれることが多い日焼け止めクリームは、正しい使い方を

生コラーゲン美容液にはどんな効果が期待できるの

コラーゲンはもともと人間の体内に存在する成分ですが、高い保水力を持って

生コラーゲンはアトピーでも使えるの?どういう効果が期待できる?

アトピーになると肌中に水分を保持できていない状態で、非常にデリケートに

生コラーゲンのサプリと美容液それぞれのメリット、デメリット

生コラーゲンのサプリメントと美容液のそれぞれのメリットとデメリットです

自分に合った紫外線対策を

紫外線とは、太陽から降り注ぐ光の種類の1つ。 メラニンの生成を起こし

→もっと見る

PAGE TOP ↑